理想的な体、理想的な肌を手に入れるために

豊胸手術

病院選びは重要

笑顔

バストアップをするための豊胸手術はいくつかの方法が現在では開発されています。シリコンなどのバッグを胸に挿入する方法、自分の脂肪を胸に注入する方法、ヒアルロン酸を胸に注入する方法があります。 いずれの方法にもメリットやデメリットがあるために、どの方法でバストアップをしたいのかを決める事も大切ですが、もう一つ大切な事として病院選びが挙げられます。 豊胸手術は以前よりも改善されているとは言え、リスクは全く無い訳では無いです。最近のトラブルは医師の技術や経験が未熟な事によるトラブルであり、手術内容そのものの危険性はほとんど無くなってはいます。だからこそ病院選びは大切であり、しっかりと信頼の出来る医師に頼むようにした方が良いです。例えば、手術の実績、メリットだけでは無くデメリットも含めてきちんと説明をしてくれているか、アフターケアや保証はしっかりしているか、などといった事を確認して選ぶべきです。

手術の種類について

ここではバストアップのための豊胸手術の種類について簡単に紹介します。 まず、バッグ挿入法があります。これは胸にバッグを挿入する事でバストアップをする方法であり、2,3カップ上のサイズを狙う事が出来るために、今のバストよりもかなり大きくしたい場合に有効です。 二つ目は脂肪注入法で、これは自分の身体の余っている脂肪を胸に注入する方法です。自分の脂肪を用いるために自然な感じに仕上がりますが、バストアップ効果はバッグ挿入法よりも小さいです。 三つ目はヒアルロン酸注入法です。これは胸にヒアルロン酸を注入する方法で、三つの中で最も簡単なバストアップ方法と言えます。価格が比較的安くお手軽に行いやすいのがメリットですが、ヒアルロン酸が吸収されるので徐々に元のサイズに戻っていきます。