理想的な体、理想的な肌を手に入れるために

大きくする方法

選択肢が広がりそうです

きれいな女性

現在、美容外科クリニックで受けられるバストアップ治療の方法は、人工乳腺バッグ挿入法、ヒアルロン酸注入法、脂肪注入法という3種類の豊胸手術が中心になっています。ただし、近年になって自分の体から採取した血液を使用するバストアップ治療の方法も開発されましたので、今後、バストアップ治療の選択肢の幅がさらに広がるものと考えられています。たとえば、人工乳腺バッグ挿入法一つをとってみても、大胸筋の下にバッグを挿入する方法もあれば、大胸筋の上に挿入する方法もあります。どちらの方法を取るかによって、治療効果が大きく変わってくることになりますので、医師とよく相談してみる必要があります。また、ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法による豊胸手術を受ける場合でも同様のことが言えます。いずれにしろ、選べる方法が増えることは患者にとって歓迎すべきことだと言うことができます。

料金にバラつきがあります

美容外科クリニックで行われている治療は審美目的のものが中心になっていますので、健康保険の適用を受けることができません。わきが治療などの場合ですと、保険診療を取り扱っている美容外科クリニックも一部にありますが、バストアップ治療を保険診療で行っているクリニックは存在しません。したがって、治療費全額を自己負担することになります。決して安いとは言えない費用がかかりますので、クリニック選びや治療方法選びには慎重を期す必要があります。料金が高めの設定になっているクリニックの方が良い治療を行っていそうな感じがしますが、必ずしもそうとは言えない部分がありますので、注意する必要があります。また、どの方法で治療を受けるかによる料金差も大きいので、よく考えてみることが大切です。