理想的な体、理想的な肌を手に入れるために

脂肪注入法

治療のメリットについて

女性

美容外科クリニックで受けられるバストアップ治療の1つに、脂肪注入法による手術があります。これは、患者の体から採取した脂肪をバストに注入してバストアップするという方法です。注入系のバストアップ治療としてはヒアルロン酸注入法が有名ですが、自分の体から採った脂肪を注入しますので、拒否反応が起こってしまう心配が全くありません。ヒアルロン酸も拒否反応が少ない物質であるのは確かですが、異物であることに違いはありません。でも、脂肪注入法の場合は拒否反応の発症リスクをゼロにすることができます。また、注入した脂肪を上手く定着させることができれば、バストアップ効果を長く保ち続けられるようになります。さらに、ぜい肉が気になっている部分から脂肪吸引することができますので、痩身効果とバストアップ効果の両方を得ることができるというメリットがあります。

これから脂肪注入法によるバストアップ治療を受けてみようと考えているのであれば、どのような方法で脂肪吸引が行われるのか、また、吸引した脂肪細胞にどのような処理が施された上で注入されるのかなどについて、きちんと確認してみることをおすすめします。バストアップが主な目的とはいえ、脂肪吸引はそれなりにリスクの高い手術ですので、軽視してしまうのは問題です。いくら希望通りにバストアップすることができたとしても、脂肪吸引を受けた部位の痛みや腫れで長く苦しんでしまうようなことがあっては、喜びも半減してしまいます。最近は、大幅に負担が軽減された脂肪吸引方法が開発されていますが、どのような方法で脂肪吸引されるのかをきちんと確かめてみることが大切です。また、採取した脂肪細胞を活性化する処理を施した上で注入すると定着率が高まりますので、その点についても確認してみる必要があります。