理想的な体、理想的な肌を手に入れるために

自然な仕上がり

注入系治療について

バスト

美容外科クリニックで受けられるバストアップ治療と聞くと、人工乳腺バッグを挿入する豊胸手術を連想する人が多いです。ニューハーフの方がよくこの方法でバストを作っていますので、世間一般の認知度が一番高くなっています。最近の人工乳腺バッグはとても高品質になっていますので、パッと見ただけで豊胸手術を受けたことが周囲の人に知られてしまうようなことはまずありません。また、手触りも自然に近くなっています。ただし、何かを体の中に入れていることは事実ですから、微妙な違和感が漂ってしまうケースが時折あります。自然な仕上がりのバストアップ治療を希望しているのであれば、人工乳腺バッグを挿入する方法ではなく、注入系のバストアップ治療をおすすめすることができます。注入系のバストアップ治療には、ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法などがあります。

脂肪注入法が進化してます

人工乳腺バッグ挿入法、ヒアルロン酸注入法、脂肪注入法の3つの種類のバストアップ治療の中で、治療費を一番安く抑えることができるのはヒアルロン酸注入法です。人工乳腺バッグ挿入法と脂肪注入法の場合は、ほぼ似たりよったりの費用がかかるようになるケースが多いです。というよりも、脂肪注入法による豊胸手術の場合は、バストアップ治療の前提として脂肪吸引手術を行う必要が生じますので、人工乳腺バッグ挿入法よりも高額の費用がかかってしまう可能性が高いです。しかし、自分の体から採取した脂肪を注入するという安全性が高い方法であるため、脂肪注入法を希望する人が増えてきています。従来は、注入した脂肪細胞の多くが定着せずに死んでしまう点がデメリットだとされてきましたが、脂肪細胞の定着率を高める方法が開発されたため、今後脂肪注入法による手術を選ぶ患者が増えるだろうと予想されています。